So-net無料ブログ作成

健康な身体を健康食品で応援するウメケンの元気ブログ

毎日の健康に「サラシア健康茶」をどうぞ!

ウメケン販売サラシア健康茶、ウメケンの梅エキス粒、グルコサミン、エルカルシウム粒など身体にいいものを販売しています。
中でも私のお気に入りはサラシア健康茶です^^
『サラシア健康茶』はこちらからご購入できます。
http://umeken-h.info

○~ウメケン販売ー商品一覧~○
-  |  次の5件 »

便秘をスッキリ解消してしまう即効性のある食べ物を暴露

benpi01.jpg

便秘で悩んでいる人は五万といます。
身近な人に聞いてみてください
大方の人は便秘で困っているはずです。

テレビのコマーシャルでも便秘のお薬は
様々な商品が紹介されていますね。

あんなにたくさんの商品が紹介されているということは
効果がないからでしょうか。

便秘だと気分も憂鬱になりますし
性格までも暗くなったりします。

そこまでいかなくても
便秘は厄介な病気です。

便秘をなくしてスッキリした毎日は送れないものでしょうか。 何か即効性のある食べ物はないものでしょうか。

便秘に有効な乳酸菌FK-23とは?


多くの方は便秘が腸の問題だと思っています。
確かに腸内環境が良い状態に保っているならば
便秘は起こらないでしょう。

もしかすると腸内環境を良くするために
便秘薬や健康茶、ヨーグルトなどを飲んでいるかもしれません。

効果はどうだったでしょうか。

効果があまり表れていない人は
一度、乳酸菌FK-23を試しに飲んでみてはどうでしょうか。
詳しくはこちら
fk23.jpg

人によって合う合わないがあるでしょうが
どんな健康食品でもそうですよね。

よく、「〇〇が効いた!」とか「〇〇が長年の便秘を改善してくれた」
などの経験談を聞きますが
それはその健康食品がたまたまその人に効いただけです。
万人に効くわけではありません。

しかし試してみないことには”効く”か”効かない”か分かりませんよね。
もし効果があればバンバイザイです。


ですから乳酸菌FK-23が、あなたに効くのか
実際のところ分かりませんが
何事も試してみないことには先には進めません。

乳酸菌FK-23が速攻性があるかどうかは
分かりません。
これも、その人によるからです。

でも継続して飲んでいけば
何かの変化はあると思いますよ^^

最後までご精読有難うございました。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳酸菌の秘められたパワーはアレルギーを抑える力がある

arerugi.jpg
私たちの腸内には無数の細菌が共存しています。
これらの細菌を、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と言います。
実にその数100兆個も存在していると言います^^;


健康を保つにはこの腸内にいる細菌が良い菌なのか悪い菌なのかによって
決まってきます。

これら腸内細菌の中で良い菌は善玉菌と言われていますし
悪い菌は悪玉菌と言われています。

もちろん善玉菌の方が私たちの腸内環境を良くしてくれます。
その善玉菌の筆頭が乳酸菌なのです。

乳酸菌は腸内の環境を良くし便秘や下痢を改善してくれます。
また体に役立つビタミンB群という物質も作ります。

乳酸菌などの善玉菌が増えると腸内がイキイキしますから
体の調子が良くなりますね^^

このように腸の調子が良くなると 免疫のバランスが良い状態に保ってきますから アレルギーを抑えたりもします。

加えて、ウイルスやガンに対する抵抗力も高める事で出来ると言います。

アレルギーを引き起こす原因はまだよく解明されていないようですが
悪玉菌が関係しているらしいです。
この悪玉菌が増えると腸の粘膜が疲れてただれてくるようです。


そこにキズができ、そこからポリペフチドが侵入するそうです。
これを免疫が攻撃するのでアレルギーを引き起こすということです。


ですからアレルギーを軽減するには胃腸を強くすると良いのです。


しかし私たちは胃腸を弱くする食べ物が好きですね^^;
その中にはお肉などの動物タンパクや糖類などの甘いものがあります。


健康のためにはこれらの商品を食べないようにしましょう、とは言いませんが
出来るだけお肉や甘いものは避けたほうがよさそうですね。
難しいですが・・・・・


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活習慣病は予防できますか?食生活から始めましょう!





『生活習慣病」と言う呼び方が誕生したのは

「大人の慢性病は、ある日突然に病気になるのではなく 若いころから日常生活のあり方や良くない生活習慣を 繰り返す中で病気の根がだんだん広がっていき ある年齢に達すると症状が出てくることが多い」という事に着目し 「生活習慣病」と言う呼び方が誕生しました。 この名称によって「習慣の改善によって病気の予防や治療を行う」と言う 考え方が広がって行くことが期待されています。



つまり生活習慣を改善しましょう、ということですね。

まず「食生活」の改善が挙げられます。
毎日がグルメ食になっており、欧米化の波に押され肉や乳製品などの動物性食品に
偏っています。
4394998fd03af02e137f5a8fe686fd1a_s.jpg
以前は、日本人はご飯に味噌汁だったものがパンと牛乳にとって代わりました。
魚も肉や卵にとって代わりました。
その結果どうなりましたか。
926c218a27986a2de712bcdb34c729f0_s.jpg
ガンやアトビー体質など私たちの体に有害な現象が見られるようになりました。
以前はこんな病気は少なかったのではありませんか。

食生活が”欧米化”になってから様々な病気が発症しているように思います。

そして、食品添加物の摂取は体に悪くても加工食品には多量に使用されています。
これも現代病を引き起こした要因ではないでしょうか。

私たちは食べてはいけないものを”食べさせられている”と言っても過言ではありません。
もっと食に関心を持ち体に良い食品を摂るようにしなければなりません。

どの食品にも添加物は入っていますから購入するときは表示を良く見て
購入しましょう。

生活習慣病は自分の”あり方”で改善できます。
県央な毎日を送るために食事の在り方を
今一度見直してみませんか。
0820b645551580f3c6471b114c0af800_s.jpg

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体の冷えは体に悪い!体を温めるには食事、半身浴で改善だ!

体が冷えると頭痛や下痢を起こしたりします。
また、エアコンの効きすぎた部屋でデスクワークの仕事を
している方はどうしても体が冷えます。
086155.jpg
そうすると体温調節がうまくいかず
体に熱がこもって体調を崩します。

寒すぎる部屋で作業をする場合は
15分ごとにその場を離れたり
体を動かしたりして体を温めましょう。

ところで、、、
人間の身体は良く出来たもので
体にばい菌やウイルスなどが侵入すると
からだに熱を発して細菌を消滅させようとします。

ですから、少しぐらいの熱で
熱を下げようとして解熱剤を服用するのは
細菌を応援していることになります。


医者が患者に熱があるからと言って
すぐに解熱剤を処方する医者は”ヤブ”だ、と
ある人は言ってました。


他方、体温が平熱より下がると良くありません。
人間は体温が31度前後になると生命に危険な状態になります。
人間の身体は「高体温」より「低体温」に弱い生き物なのです。


現代の食文化は「身体」を冷やすもので溢れています。

http://umeken-kenkoutya.blog.so-net.ne.jp/2015-03-18

考えてみて下さい、物が冷えると「硬くなり」ます。
例えば、ご飯や肉や鉄などは冷えると硬くなりますよね。

体の細胞も血管も同じように硬くなります。
そうすると体に異常が現れてきます。


それで、体を冷やさないように食事の面でも気を使いましょう。
運動や半身浴も良いみたいですよ。


体を温めて血液の循環を良くしましょう。

https://umeken-h.info/梅エキス粒/

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然治癒力を高めれば病気は回復する?

病気になった時に副作用の全くない治療法はなんでしょうか。
一般的な行動は、病院に行き医者の言うことを100%鵜呑みにして
処方された副作用のあるバカ高い薬を有難く貰い規則正しく服用する事と思いますよね。
185301.jpg

でも処方された薬は必ず副作用があります。
薬剤師さんも「副作用の少ないお薬ですからね~」と言ったり
薬をもらう時に一緒についてくる薬の概要が書かれた用紙にも
「この薬は比較的副作用の少ないお薬です。
ただし服用時に〇〇の生じることがあります」
などの注意書きも見られますしね。
192646.jpg

この世に副作用のない薬など無いに等しいのです。


それでも病気がそれで治るなら我慢して飲みます。

3fb0edee08f8f0d3af8509de9aafd47f_s.jpg
でも副作用のない治療法があったらいいですよね。
興味深いことにそれがあるのです。
それも簡単な方法で、お金もかけずもちろん副作用のない治療方法が・・・

それは・・・・

「食うな」「動くな」「寝てろ」だそうだ!!

病気になって辛い時はこの「食うな」「動くな」「寝てろ」を実行すると
見る見るうちに回復すると言います。

なぜなら、「食うな」「動くな」「寝てろ」をすることによって
人間が本来持っている自然治癒力が活性化するのだそうです。


この「食うな」「動くな」「寝てろ」を如実に実行しているのが
犬や猫などの動物ではないでしょうか。

これら動物は病気や具合が悪くなると
一切食事をしないのを見たことはないですか。

数日間何も口にすることなくただじっと体を動かすことなく横になっています。
我が家の犬もそうでしたが具合が悪いと
どんなに好きなお肉でも食べなかったのを思い出します。
ただじっと具合がよくなるまで待つのです。

数日間そうしているといつの間にか”ケロッと”しています。
動物は知っているのですね。病気になったらどうすれば治るのか本能的に知っています。
人間の見本だと思いませんか。


何でもかんでもする理に頼っていると
其の内取り返しのつかない病気になってしまうかもです。

お医者さんは「3食きちんと食べなさいね」と言うかもしれませんが
果たしてその通りに従っていればいいのでしょうか。


本当に病気を治すのは
処方された副作用のある薬でしょうか、
それとも本来人間が持っている自然治癒力を高めるためにとる行動でしょうか。
61674d0b82a3fd716bb91d91325510e0_s.jpg
今一度、真剣に考えることが必要ではないでしょうか。

参考文献:「3日食べなきゃ、7割治る!」 船瀬俊介 著





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 健康な身体を健康食品で応援するウメケンの元気ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
インヴァスト証券

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。